レンタルできる農薬を使わない家庭菜園 【自然農レンタルファーム】| 【旧:鎌倉山オーガニックファーム】
 
 
ファーム一覧 自然農トピックス よくある質問と答え 自然農を始める
 
旧名称:【鎌倉山オーガニックファーム】は、新しく【自然農オーガニックファーム】に名称が変わりました。
   
名称変更に伴うシステム変更はございません。ご利用いただいているご契約者の方々もそのまま継続利用していただけます。
   
予想される食料高騰危機に備えて農園が増えました。今なら、農園まるごとレンタルもご相談いただけます。(2022年8月現在)
 
 

 
     
     
 
 
「自然農オーガニックファーム」は、2020年に湘南の鎌倉山ファームから始まりました。有機農法・自然農法に特化した農園です。農薬を使わず、必要以上に耕さず、虫や雑草を敵と捉えない考え方は、生きとし生けるものみんなが元気になる方法です。自然環境を守り、未来へとつなげるサスティナブルな循環型農業を実践することは、地球を救う方法です。食糧自給率が40%の日本では致し方ないことではありますが、残念ながら、生産性を上げるために押し進められている慣行農法は、地球環境を破壊し続けています。一部の先駆者たちは田舎に移住しながら生計を営んでいますが、自給自足に近い生活は苦労も多いと聞いています。ですから、私たちは、なるべく都会から遠すぎない場所にレンタル農園をつくり、利用する方とその家族の方たちが安全な食が得られるようにすることで、社会的な役割を果たしていきたいと考えております。一般的な貸し農園や市民農園では、隣の畑で農薬を散布されることが多く現実的に有機農業は実践できません。逆に雑草をそのままにしておく農法では種が飛んでくるからと迷惑がられます。つまり、一口に農業と言っても考え方次第で共存できないものなのです。農薬や化学薬品、除草剤が出現してから、まだ100年も経っていません。市販されている除草剤の一部はベトナム戦争で使われた生物兵器の残りです。それが科学の進歩というものなのでしょうか?地球環境は汚染が進んでいます。それらは現代のさまざまな疾病のきっかけになっているのかもしれませんし・・・・・実際のところ何もまだ検証されていません。これは某国立農業大学の教授が言っていた話ですが、長い間、化学飼料を与え続けられた雌牛がある日突然、猛烈な悪臭を放つ乳を出したことがあるそうです。農薬や化学肥料の影響は、自分の代で現れなくても、子供や孫の代で重大な影響を及ぼすのかもしれません。それらの影響は今のところ未知数です。農業が営利目的ではなく、自分たちが消費するためのものを生産するだけなら、安全なものを生産していくことを最優先にすべきではないでしょうか?この地球も生きています。まだ知られていない生物も含めた地球上の総種数は大体500万~3,000万種の生き物が存在しています。そして、ひとつひとつの生き物はほかの生き物と関わり合いながら生きています。人間の総数は地球の総生物量の0.01%にすぎず、誤差として無視できるほど僅かです。しかし、人間がもたらすインパクトは甚大です。地球史に人類が登場した時点から今日まで、地球の総生物量は半減しています。これは、農地や放牧地を作るために人間が森林破壊を行ってきたことが主な原因です。人類が地球の生態系に大きな変化を強いたことは、紛れもない事実です。人類が生態系の頂点に君臨しているのであれば、そろそろ他の生き物のことも考えなければならない時であるとも言えるでしょう。さあ、始めませんか?プチ自給自足は、私たちひとりひとりができる地球環境を守る取り組みです。食の安全を確保するのが難しい時代です。そんな中で今一番注目されているのが「自然農法」。でも、よくある市民農園や一般的な貸農園では、自然農法は実践できません。すでに土地が化学薬品で汚染されていたり周りで農薬を使っていたりするからです。100%オーガニックの自然農法を実践するなら、「自然農オーガニックファーム」がおすすめです。手間のかからない自然農法なら、未経験の方でも始められます。利用頻度は、月1回程度でもOK。週1回でもOK。毎日でもOK。市販されている野菜では満足できない本物志向の方だけに畑を提供しています。個人の方も、飲食店経営の方も、仲間と共同でもレンタルできます。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
     
 
 
 
「自然農オーガニックファーム」は、有機農法・自然農法に特化した農園です。農薬を使わず、必要以上に耕さず、虫や雑草を敵と捉えない考え方は、生きとし生けるものみんなが元気になる方法です。自然環境を守り、未来へとつなげるサスティナブルな循環型農業を実践することは、地球を救う方法です。食糧自給率が40%の日本では致し方ないことではありますが、残念ながら、生産性を上げるために押し進められている慣行農法は、地球環境を破壊し続けています。一部の先駆者たちは田舎に移住しながら生計を営んでいますが、自給自足に近い生活は苦労も多いと聞いています。ですから、私たちは、なるべく都会から遠すぎない場所にレンタル農園をつくり、利用する方とその家族の方たちが安全な食が得られるようにすることで、社会的な役割を果たしていきたいと考えております。一般的な貸し農園や市民農園では、隣の畑で農薬を散布されることが多く現実的に有機農業は実践できません。逆に雑草をそのままにしておく農法では種が飛んでくるからと迷惑がられます。つまり、一口に農業と言っても考え方次第で共存できないものなのです。農薬や化学薬品、除草剤が出現してから、まだ100年も経っていません。市販されている除草剤の一部はベトナム戦争で使われた生物兵器の残りです。それが科学の進歩というものなのでしょうか?地球環境は汚染が進んでいます。それらは現代のさまざまな疾病のきっかけになっているのかもしれませんし・・・・・実際のところ何もまだ検証されていません。これは某国立農業大学の教授が言っていた話ですが、長い間、化学飼料を与え続けられた雌牛がある日突然、猛烈な悪臭を放つ乳を出したことがあるそうです。農薬や化学肥料の影響は、自分の代で現れなくても、子供や孫の代で重大な影響を及ぼすのかもしれません。それらの影響は今のところ未知数です。農業が営利目的ではなく、自分たちが消費するためのものを生産するだけなら、安全なものを生産していくことを最優先にすべきではないでしょうか?この地球も生きています。まだ知られていない生物も含めた地球上の総種数は大体500万~3,000万種の生き物が存在しています。そして、ひとつひとつの生き物はほかの生き物と関わり合いながら生きています。人間の総数は地球の総生物量の0.01%にすぎず、誤差として無視できるほど僅かです。しかし、人間がもたらすインパクトは甚大です。地球史に人類が登場した時点から今日まで、地球の総生物量は半減しています。これは、農地や放牧地を作るために人間が森林破壊を行ってきたことが主な原因です。人類が地球の生態系に大きな変化を強いたことは、紛れもない事実です。人類が生態系の頂点に君臨しているのであれば、そろそろ他の生き物のことも考えなければならない時であるとも言えるでしょう。さあ、始めませんか?私たちひとりひとりができる地球環境を守る取り組みを一緒にやりましょう。「自然農オーガニックファーム」は、こんな考え方に賛同してくださる方だけを募集しています。
 
 
 
 
 
 
 
東京町田農園
MACHIDA

東京都町田市
 
東京町田農園は、竹林を切り開いた、自然栽培ができる農園です。町田薬師池公園から国士舘キャンパス方面に向かったエリアにあります。近隣住宅もありますが、このあたりは静かでのどかな環境です。町田駅から野津田車庫行(町55)のバスに乗って17分。野津田神社入口で降りて徒歩5分程度の場所にあります。アグロフォレストリー(森林農法)が実践できる東京都内では珍しい農園です。アグロフォレストリーは、日差しが少ないですが、その分、土壌が豊かですので、強い光を必要としない野菜を育てるのに適しています。傾斜地ですから水はけが良いのも特徴ですが、竹が育っていることからも水分が自然に供給される場所であることも確かです。
 
野津田神社入口バス停より300m/徒歩5分
JR横浜線/小田急線「町田」駅より5.0㎞/徒歩60分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
横浜永田南農園
NAGATAMINAMI

神奈川県横浜市南区永田南
 
横浜永田南農園は、横浜市南区の住宅地にあるファームです。高台にあるので日当たりが良く、野菜を育てるのにはとても適しています。横浜の街並みを眺めながら、土に触れることができるのどかで静かな場所にあります。南向きの傾斜地ですから、水はけがよく、1年を通して一般的な野菜を育てることができます。横浜でのんびりと野菜を育てるのは、とても贅沢なことですね。
 
南永田団地より0.9km/徒歩10分
京浜急行線「井土ヶ谷」駅より1.1㎞/徒歩13分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
横浜戸塚農園
TOTSUKA

神奈川県横浜市戸塚区舞岡町
 
横浜戸塚農園は、森林農法アグロフォレストリーが実践できる自然農園です。森林浴ができます。木漏れ日で育てられるハーブや野菜を育んではいかがですか?この場所は「下永谷市民の森」まで歩いて4分ほどの距離にあります。「下永谷市民の森」は、プチ大自然。横浜にいることを忘れてしまうような自然あふれる景色に触れることができますが、こちらは公共の公園です。トイレや水道はありますが、当然ながら農業やキャンプはできません。それなら、すぐそばにある横浜戸塚農園で自分の畑を持つという選択肢はアリかもしれません。野営キャンプもできるレンタルファーム。工夫次第で楽しめるポテンシャルがここにあります。
 
舞岡バス停より800m/徒歩8分
JR線「戸塚」駅より2.3㎞/徒歩18分
横浜市営地下鉄ブルーライン(1号線)「舞岡」駅より1.5km/徒歩19分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
鎌倉山農園
KAMAKURAYAMA

神奈川県鎌倉市鎌倉山
 
鎌倉山農園は、湘南鎌倉市内、七里ガ浜との隣接したエリアにあります。アクセスは鎌倉山側からになります。ここの入り口ポイントが鎌倉の中でも最も美しい景色が眺められるポイントだと私たちは思っています。この場所に自由に使えるマイファームを持つことで、湘南鎌倉での暮らしがより一層素敵なものになることでしょう。ここで、鎌倉野菜を完全オーガニックで育ててみてはいかがでしょうか?最近、特に人気が高い鎌倉野菜。鎌倉野菜は長い間、地元だけで消費される伝統がありました。東京都内に店を持つ有名シェフが好んで利用し始めたことで、注目を集めるようになりましたが、べらぼうに高い値段で取引されているようです。鎌倉周辺は山と海に囲まれていて、もともと野菜作りに適した肥沃な土地です。そのため、味の濃い野菜が作れるのです。
 
アカシア並木バス停より500m/徒歩8分
七里ガ浜駅より1.8km/徒歩22分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
横須賀船越農園
FUNAKOSHI

神奈川県横須賀市船越
 
横須賀船越農園は、日当たり抜群で風通しがいい農園です。傾斜がありますが、水はけが良くて作物が育てやすいメリットをご理解ください。朝早くから昼過ぎまで太陽がサンサンと照り付けます。西には山を備えていますので夕方早くには日照がなくなります。農作物を愛でることを第一に考えるなら最高の環境です。現地まで車で行ける立地です。途中ヘアピンカーブがありますので、運転初心者には難しい道のりかもしれません。上級運転者なら難なく通過できます。弊社スタッフは2トン車も乗り入れます。つまり、複数区画をレンタルすれば、プロレベルのファーミングもできるほどのポテンシャルのある農園です。
 
京浜急行電鉄本線「京急田浦」駅より650m/徒歩9分

JR横須賀線「田浦」駅より2.4km/徒歩30分

→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
横須賀小矢部農園
KOYABE

神奈川県横須賀市小矢部
 
横須賀小矢部農園は、JR横須賀線の「衣笠」駅から歩ける範囲にあります。周辺は住宅地になっていますが、ここだけぽつんと山があります。車でのアクセスも便利です。高台ですから、景色もよく、キャンプ気分、ハイキング気分で畑を利用することができます。ここは横須賀ですから、「よこすか野菜」が作れます。横須賀では、キャベツや大根、カボチャなどのおなじみ野菜から、イタリア料理、フランス料理などで使われるカラフルで珍しい西洋野菜まで、1年を通して多種多様な野菜が生産されています。横須賀市は三方が海に囲まれている. ため、比較的平穏良好で温暖な気候となっていて、年平均気温は16℃前後です。家庭菜園としてお勧めできる農園です。
 
衣笠十字路バス停より600m/徒歩7分
衣笠駅より1.0km/徒歩13分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
横須賀田浦農園
TAURA

神奈川県横須賀市田浦
 
横須賀田浦農園は、駅から近くて便利な場所にある農園です。JR「田浦」駅を降りたら、徒歩たったの5分もかからずに現地に到着します。途中上りの階段はありますが、汗が噴き出すようなレベルではなく、「ちょいちょい」と言ったところです。もともとは自然林ですから、この農園では、本格的な「森林農法・アグロフォレストリー」が実践できます。「だって、日陰なのでしょ?畑は無理なのじゃない?」という声が今にも聞こえてきそうですが、そんなことはありません。完全な日陰から木漏れ日がさすような明るい日陰・半日陰でも野菜を収穫することができます。料理に重宝する野菜やハーブ・山菜類がお楽しみいただけます。
 
 
JR横須賀線「田浦」駅より150m/徒歩5分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
三浦金田農園
KANEDA

神奈川県三浦市南下浦郡金田
 
三浦金田農園は、東京湾が一望できる素敵な場所。金田漁港を見下ろす高台にあります。海を眺めながら、自分の畑で野菜を育てることができます。特に三浦半島は、夏は比較的涼しく、冬でも温暖で過ごしやすい気候が特徴です。温暖な海洋性気候で、冬場も無霜地帯です。 データ上でも東京と比べて、夏は1℃涼しく、冬は2℃近く暖かいエリア。 東京で雪が降っていても三浦では降らないということもあります。三浦市は、ダイコン、キャベツが全国でも有数の一大産地として有名です。ダイコンは作付面積、収穫量、出荷量ともに全国1位。いかに農業に適した土地であるかお分かりいただけると思います。海が見える金田農園は週末農業にもおすすめ。
 
鋒バス停より100m/徒歩2分
三浦海岸駅より4.2km/徒歩52分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
藤沢西俣野農園
NISHIMATANO

神奈川県藤沢市西俣野
 
藤沢西俣野農園は、藤沢市西俣野エリアにあります。横浜市と隣接したエリアですので、横浜方面から週末農業を楽しむのには便利な農園です。湘南と言えば、サザン、海水浴、ロハスな海辺の生活……。そんなイメージのある地域で育てられた「湘南野菜」が注目を集めていますね。神奈川県の湘南エリアは、富士五湖のひとつ・山中湖を水源とする相模川の豊かな水と明るい太陽に恵まれた地域。そんな土地で、栽培された湘南野菜の魅力が人気を博しています。水はけのよい砂質の土壌で露地栽培された『湘南野菜』は、水分をたっぷり含んでいるので、とても瑞々しく、野菜本来の味がしっかりと感じられておいしく食べられるのが魅力です。
 
新田バス停より220m/徒歩1分
善行駅より1.6km/徒歩21分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
足柄山北農園
YAMAKITA

神奈川県足柄上郡山北町
 
足柄山北農園は、小田原の街並みを一望する眺めのいい農園です。世界的な高精度部品の雄として名高い「小笠原プレシジョンラボラトリー」に隣接する場所にある農園です。近くに民家はなく、点在する山々や東名高速を走る車を眼下に見下ろしながら、ゆったりと自然に親しむことができます。東南向きの軽い斜面ですから、日当たりも抜群です。土もいいです。小高い山の上にあるので、近くの駅から歩く場合には、約40分のハイキングが必ずついてきます。車の場合も途中ヘアピンカーブが楽しめる方限定でお願いします。ここは、マイカーにてファーミングを楽しむ方向けの農園です。アウトドアを満喫しながら、自分の専用ファームを持ちたい方向けです。野営キャンプもできます。とてもいい場所ですが、現地までのアクセスが楽しめる方、ぜひご利用ください。いいところはアクセスが不便な場所にあるものです。
 
東名高速「大井松田」ICより9.4km/19分
JR御殿場線「山北」駅より2.3㎞/徒歩40分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
南箱根函南農園
MINAMIHAKONE

静岡県田方郡函南町
 
南箱根函南農園は、静岡県函南町にある別荘地として有名な南箱根ダイヤランドの一角に設けられた農園です。車でのアクセスも便利ですし、コンビニもありますし、レストランやプールもあるので、家族でレジャー感覚で利用するのにも適しています。函南エリアは、もともと農業が盛んなエリアで、牧場があったり、いちご狩りができたりするエリアです。週末ドライブついでに利用する週末家庭菜園としていかがでしょうか?
 
富士見台バス停より800m/徒歩5分
函南駅より8.3km/徒歩30分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
福島西郷村農園
NISHIGO

福島県西白河郡西郷村
 
福島西郷村農園は、「まさにこれぞ田舎暮らし!」といった表現がぴったりくる農園です。福島県と言っても、栃木県の那須高原に隣接するエリアですから、凛とした空気が漂うエリアです。東京、仙台の中間、福島県と栃木県境の那須東麓に位置し、東は"白河の関"で有名な白河市、北は"羽鳥湖高原"の岩瀬郡天栄村、西は"大内宿"の南会津郡下郷町、南は"那須高原""御用邸"を擁する栃木県那須郡那須町と接しています。気候は冷涼で年間平均気温は約13度、降雨量は年間約1500ミリメートル。冬場でも積雪はあまりありません。このあたりでは、レタス、ブロッコリー、アスパラ、ジャガイモなどの高原野菜が盛んです。四季折々の自然が豊かなこの場所は、スタッフも一押しです。仕事を辞めて拠点をこちらに移したい妄想に駆り立てられる場所です。農園は日差しの入る自然林で、小川も流れています。
 
「新白河」駅より7.6km/クルマ14分
「下折口」バス停より2.5㎞/徒歩29分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
This is a farm specializing in organic farming and natural farming. The idea of not using pesticides, plowing more than necessary, and not seeing insects and weeds as enemies is a way for all living things to rejuvenate. Practicing sustainable recycling-oriented agriculture that protects the natural environment and connects it to the future is a way to save the earth. In Japan, where the food self-sufficiency rate is 40%, it is unavoidable, but unfortunately, the conventional farming methods that are being promoted to increase productivity continue to destroy the global environment. Some pioneers make a living while migrating to the countryside, but I hear that living near self-sufficiency can be a daunting task. Therefore, we would like to play a social role by creating a rental farm in a place not too far from the city as much as possible so that those who use it and their families can get safe food. is thinking. In general rental farms and municipal farms, pesticides are often sprayed in the adjacent fields, and organic farming cannot be practiced in reality. On the other hand, if the weeds are left as they are, the seeds will fly, which is annoying. In other words, agriculture cannot coexist depending on the way of thinking. It's been less than 100 years since the advent of pesticides, chemicals and herbicides. Some of the herbicides on the market are the remnants of the biological weapons used in the Vietnam War. Is it the progress of science? The global environment is becoming more polluted. They may be the catalyst for various modern illnesses ..... In fact nothing has been verified yet. It is not well known that cows that have been fed for a long time suddenly produce a foul-smelling milk one day. Even if nothing appears in your own generation, it may have a significant impact on your children's and grandchildren's generation. Their effects are unknown. If agriculture is not for profit, but only for our own consumption, shouldn't we give top priority to producing safe products? This earth is also alive. There are approximately 5 to 30 million species of creatures on Earth, including those that are not yet known. And each creature lives while interacting with other creatures. The total number of human beings is only 0.01% of the total biomass of the earth, which is negligible as an error. However, the impact of humans is enormous. From the time humans first appeared in the history of the earth to the present day, the total biomass of the earth has been halved. This is mainly due to human deforestation to create farmland and rangelands. It is an undeniable fact that humankind has forced major changes in the Earth's ecosystems. It's time to think about other creatures if humanity reigns at the top of the ecosystem. Would you like to get started? Let's work together to protect the global environment that each of us can do. This farm is only looking for people who agree with this idea.
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
お問い合わせはお気軽になんなりとご相談くださいませ。
自然農オーガニックファームプロジェクト担当者(株HTD)
 
 

 
 
 
 
・・・自然農レンタルファーム・・・
OPERATED BY HTD COMPANY LIMITED
PRODUCED BY CRAZY STUPID GENIUS COMPANY LIMITED
SUPPORTED BY PRA INCORPORATED ASSOCIATION NGO