タネには固有種とF1種があります。
 
 
         
 
 
ぜひとも知っておきたい
農業と健康のトピックス14
 
 
 
タネには固有種とF1種があります。
 

植物の種には、自家採取などによって代々植物の持つ性質や形といった形質が受け継がれた「固定種」、異なる優良な形質を持った親をかけ合わせて作る「F1種」という2つの種類があります。

固定種は、在来種とも呼ばれています。その品種が固定された地域の気候や風土に適応しているのが特徴で、全国各地で栽培されている「伝統品種」と呼ばれるものは固定種であることが多いものです。また、形状や収穫時期にばらつきがあって、スーパーで並んでいる野菜などと比べると、形や味などが多様性を有している、悪い言い方をすれば不ぞろいという特徴があります。固定種は、環境適応能力が高く、自家採種ができるのですが、収量や品質が安定しないと言われています。

F1種は、「雑種第一代」や「ハイブリッド」とも呼ばれているもので、発芽や生育がそろいやすい、病気に強い、生育が旺盛などの特徴がありますが、毎年種を買わなくてはならないのが難点です。大量生産や均一化により収量や収益アップを求める農家にとっては、固定種よりもF1種の方が向いているのは確かですが、自家栽培、自家消費の場合はいかがなものでしょうか。また、子孫を残すことのできない野菜ばかりが出回っていることをどうお考えになりますか?固定種を守る取り組みにも興味がある人は、「固有種 種 販売」で検索すると、タネが販売されているので、購入されるといいと思います。

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
お問い合わせは担当者直通!なんでもご相談ください。
080-1126-0273
運営会社は、TTMAグループ (株)CRAZY STUPID GENIUS
レンタルファーム事業部までお気軽にお電話ください。
 
 

 
 
 
         
 
 
やってみよう!自然農ファーマー
鎌倉山オーガニックファーム
PRODUCED BY CRAZY STUPID GENIUS