ハーブを育ててみよう。
 
 
         
 
 
ぜひとも知っておきたい
農業と健康のトピックス13
 
 
 
ハーブを育ててみよう。
 

「鎌倉山オーガニックファーム」では、ハーブを育てることもできます。ガーデニングで植える草花を選ぶ時、ハーブを育ててみたい! と思う方も多いでしょう。ハーブは栽培する楽しみに加えて、ハーブティーとして飲んだり、お料理に加えたりと、生活にも活用できる点が最大の魅力。爽やかな香りや可愛らしいお花は、毎日の暮らしに彩りを添えてくれます。

暮らしに役立つ植物として、ハーブは古代から、食用・飲用・薬用・美容・園芸・装飾など、生活のさまざまな場面で幅広く活用されてきました。ハーブには、1万を超える種類があります。それら一つひとつが、抗菌作用・発汗作用・利尿作用など身体に有効な異なる成分を持っているのが、ハーブの特徴。

代表的なハーブには、ミント、バジル、ラベンダー、ローズマリー、パセリ、マジョラム、パクチー、ローズゼラニウム、セージ、レモングラスなどがあります。また、ドクダミやシソ、ショウガやワサビなど、日本人に馴染み深い植物もじつは立派なハーブなのです。

ハーブは育てたら使える! という点が最大のメリット。わざわざ買うのではなく、栽培しておけば使いたいときに、使う分だけ収穫できます。また、ハーブは病害虫に強い種類が多いため、農薬を使用しなくても栽培可能。飲んだり食べたりと口にする機会も多いハーブですから、安心安全に使用できるのも自家栽培の嬉しいポイントです。

ハーブのもつ特有の香りは、空気に触れると揮発して、だんだん消えていってしまうものです。この香りはハーブにとって「命」。摘み取ったらすぐ使うことで、格別な風味を楽しむことができます。スーパーなどで売られている乾燥ハーブは、長期保存をするための工夫でしかありません。自分で育てたハーブは、わざわざ乾燥させてから使う必要はありませんので、フレッシュのまま活用するのがおすすめです。さらに、多くのハーブには、虫が嫌う「昆虫忌避作用」があります。これは虫が嫌いな香りを発して、植物自身が自分を守るための手段です。自然農をするなら、ハーブを近くに植えておくと、野菜にも害虫が付きづらくなります。特にペパーミントやバジル、レモングラス、ローズマリー、ラベンダー、ゼラニウムなどは、栽培していても虫が付きにくい丈夫なハーブといえます。

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
お問い合わせは担当者直通!なんでもご相談ください。
080-1126-0273
運営会社は、TTMAグループ (株)CRAZY STUPID GENIUS
レンタルファーム事業部までお気軽にお電話ください。
 
 

 
 
 
         
 
 
やってみよう!自然農ファーマー
鎌倉山オーガニックファーム
PRODUCED BY CRAZY STUPID GENIUS