世界最大級の遺伝子組み換え作物輸入大国「日本」
 
 
         
 
 
ぜひとも知っておきたい
農業と健康のトピックス11
 
 
 
遺伝子組み換え作物の輸入大国「日本」
 

日本は世界で最大級の遺伝子組み換え作物輸入国です。なぜなら、日本の遺伝子組み換え食品表示は世界の制度のなかでも緩いため、日本の消費者は知らないうちに大量の遺伝子組み換え食品を食べさせられているのです。私たちが日常食品を購入する際には、遺伝子組み換え食品は避けていると思っている方も多いのではないでしょうか。しかし実際には、今の日本の遺伝子組み換え表示は不十分なものです。私たちは知らないまま食べているのが実態なのです。

たとえば、日本は家畜の飼料に使うトウモロコシのほぼ全量を輸入に頼っています。その9割以上が米国産ですが、米国では約9割のトウモロコシが遺伝子組み換えです。つまり、日本に輸入されている飼料用あるいは食品加工用のトウモロコシのほとんどが遺伝子組み換えということになります。しかし、遺伝子組み換えトウモロコシを飼料に与えた家畜の肉は、遺伝子組み換え表示義務はありません。遺伝子組み換えトウモロコシを原料に使った加工食品も表示は不要です。

人間が直接食べるのでなければ影響は少ないと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。昨年カナダで行われた調査で、93%の妊婦、80%の胎児の血液から、遺伝子組み換えトウモロコシに含まれるBt毒素(害虫を殺す成分)が発見されました。飼料を米国に依存している日本でも、同じ結果が出る可能性が高いと思われます。

遺伝子組み換え企業は「遺伝子組み換え作物と通常の作物は実質的に同じものであり、危険はない」と説明してきました。しかし、世界中では遺伝子組み換え作物を食べることにより、免疫疾患や不妊などさまざまな健康被害が出るという調査結果が報告されています。残念ながら日本のマスコミにはこうした情報が流れることはほとんどありません。

 

 
 
 
 

遺伝子組み換え問題は、食べる側の健康被害だけにはとどまりません。たとえば、アルゼンチンでは遺伝子組み換え大豆に空中噴霧するラウンドアップというモンサント(遺伝子組み換え種子分野での独占的企業)の農薬によって、住民のガンや白血病、出生異常など多くの健康被害が発生しています。遺伝子組み換え企業は「遺伝子組み換えは農薬を減らす」と宣伝していましたが、遺伝子組み換え作物を導入したほとんどの地域で農薬使用は増加の一途をたどっています。大量の農薬は地下水や河川を汚染し、それを飲むすべての人、すべての動植物が被害を受けます。

モンサント社(昨年ドイツのバイエル社が買収)はアメリカのミズーリ州に本社を構える多国籍バイオ化学メーカー。遺伝子組み換え種子の世界シェアは90%であり、世界の食料市場をほぼ独占している巨大なグローバル企業です。モンサント社は、除草剤「ラウンドアップ」と業務用バージョン「レンジャープロ」など、農業分野における大ヒット商品を取り扱ってきましたが、現在は、種子の分野にも進出し、最近では多くの遺伝子組み換え種子を販売しています。

モンサントのホームページによると、「日本は海外から大量のトウモロコシ、大豆など穀物を輸入していて、その数量は合計で年間約3100万トンに及びます。その半分以上(1600万~1700万㌧=日本のコメの生産量の約2倍)は遺伝子組み換え作物です。モンサントは、「日本の食生活安定に大きく貢献している」と豪語しています。

遺伝子組み換え企業モンサントは現在、世界の種子企業の買収をどんどん進めています。モンサントが種子企業をすべて買収してしまった地域では、農民はモンサントの提供する種子を買うしかありません。農民が植えるものを決めて作物を作るのではなく、モンサントなどのアグリビジネスの手に決定権が移ってしまうのです。モンサントの支配した地域では短期間で遺伝子組み換え種子の割合が急速に増加し、市場のほとんどを独占しています。

遺伝子組み換え企業は政府に巨額のお金をつぎ込んでいるため、残念ながら政府がその規制に本格的に動くことを期待するのは難しい状況にあります。ちなみに、モンサント社は、人間の健康および環境の両方に脅威を与えているという理由から健康情報サイトでは2011年の世界最悪の企業にも選ばれています。

広島や長崎に落とされた原爆実験もそうでしたが、日本はいつも世界の実験場のようですね。グローバリズムの名のもとに世界統一政府をつくる動きが激しくなりそうです。あなたはマスコミの報道を信じていますか?アメリカ大統領選挙をどう感じましたか?日本政府を信じますか?各国政府を支配している巨大権力の存在を信じますか?もはや限りなく自給自足に近い生き方をするしかなさそうですね。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
お問い合わせは担当者直通!なんでもご相談ください。
080-1126-0273
運営会社は、TTMAグループ (株)CRAZY STUPID GENIUS
レンタルファーム事業部までお気軽にお電話ください。
 
 

 
 
 
         
 
 
やってみよう!自然農ファーマー
鎌倉山オーガニックファーム
PRODUCED BY CRAZY STUPID GENIUS