除草剤使っても大丈夫!?
 
 
         
 
 
ぜひとも知っておきたい
農業と健康のトピックス10
 
 
 
◆除草剤使っても大丈夫!?
 

枯葉剤作戦は、ベトナム戦争中の1962年から1971年にかけて行われたアメリカ軍の軍事作戦です。ベトコンが潜む森林を失わせ、同時に食料を絶つ目的でベトナム共和国の農村部一帯に推定1,200万ガロンもの枯葉剤を散布しました。その中で、最も多く使われたのが「オレンジ剤」と呼ばれる枯葉剤です。

悲惨な「枯葉剤作戦」の影響は、現在も被害が続いています。ベトナムのホーチミンは、今でこそビジネスの発展が目覚ましいアジアの大都市ですが、わずか40年前は現地でまだベトナム戦争が行われていて、「悲しい歴史を背負った町」という側面もあります。中でも、戦時中に米軍が行った「枯葉剤作戦」が悲惨でした。当時の米軍は、ベトナムの自然環境破壊や食糧を奪う目的で、農村地帯に9年間も枯葉剤を撒き続けました。最も多く散布されたのが「オレンジ剤」と呼ばれる薬剤です。ベトナムの共産化を阻止する口実でアメリカは1965年から本格的に軍事介入しましたが、実際に現地でやっていたことは「むごい」の一言でしか表現できない、毒入り薬剤の散布――。その結果、50万人ものベトナム人が死や病気に苦しめられ、実はその被害は現在も残されており、被毒3世の子どもも身体障害を訴えています。アメリカでも日本でも、このような重大な史実があまり伝えられていないのが現実です。実際に、オレンジ剤被毒3世の子どもたちでさえ身体障害を持って生まれており、彼らは隔離されたエリアに住んでいます。

この「枯葉剤」ですが、その枯葉材の残りを薄めたものが今の日本で除草剤として販売されています。確かに効果がありそうですね。Amazon、楽天、Yahooショッピング、モノタロウ、カインズ、ヨドバシカメラほか、どこでも手に入りますので、ご使用になりたい方はどうぞ。

商品名「ラウンドアップ」という除草剤は、ベトナム戦争で使われた「枯葉剤」をつくったモンサントが1974年に発売した除草剤で、グリホサートを主成分としています。このグリホサートが猛毒を含んでおり、2015年に世界保健機関(WHO)の下部組織「国際がん研究機関」が「おそらく発がん性がある」と発表しています。2017年には米国政府の研究で急性骨髄性白血病との関連が発表されています。発表したのは米国の国立がん研究所、国立環境健康科学研究所、環境保護庁、国立職業安全健康研究所の共同プロジェクト。急性骨髄性白血病は急速に発達するがんで、5年の生存確率は27%としています。グリホサートは発がん性はもちろん、植物を枯れ死させてしまいますが、同様に土壌細菌や腸内細菌も損ないます。腸内環境を破壊することでアレルギーなど自己免疫疾患などの原因になったり、神経毒として自閉症や認知症を誘発する可能性が指摘されています。また、生殖に与える影響も懸念されています。精子の数の激減、胎児の発育に影響を与える可能性だけでなく、世代をこえて影響する危険を指摘する研究結果も発表されています。モンサント社は、その親会社であるバイエルによって、117年続いたモンサントの名前は使わないことで風評被害?を免れる計画で、以降はバイエルの名称のみとなると発表しています。

ベトナム戦争で撒かれた枯れ葉剤によってつくられたダイオキシンは三代にわたって影響を与えるといわれていますが、グリホサートにも同様に世代をこえた影響が出る可能性も指摘されています。科学的研究では、ラウンドアップ製剤とその代謝産物が試験管の中でかなり低い濃度であっても、人間の胚、胎盤、へその緒の細胞に死をもたらすことが明らかになっています。代謝産物とは、分解されて除草剤の役目をしなくなった状態のもので、分解されても動物には同じように死をもたらすことが明らかになったわけです。ネズミの実験では、思春期の時期にラウンドアップにさらされると生殖の発達に障害を起こす「内分泌腺撹乱」の可能性が発見されました。「内分泌腺の撹乱」とは、脳内ホルモンのバランスを崩すことで、体が思うように動かなくなったり、気分を自分でコントロールすることが難しくなることをいいます。

 
 
 
 

モンサントが開発したラウンドアップを含む除草剤への抗議は、フランスやスイス、ドイツ、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど数百の都市で行われています。毎年5月には「反モンサント・デー」(現在は「反バイエル・モンサントデー」)と称して、世界中の農民や労働者など広範な人人が一斉に抗議行動をおこなっています。ラウンドアップの発がん性や遺伝子への影響が問題になり、2013年に始まった「反モンサント・デー」ですが、抗議行動の高まりのなかで世界各国ではラウンドアップの使用禁止や販売中止、輸入禁止が主な流れになっています。このようにラウンドアップの危険性への認識は世界的に拡散されており、店頭でラウンドアップが簡単に手に入るのは先進国では日本ぐらいになっています。

世界中からはじき出され行き場を失ったラウンドアップは日本市場に一気になだれ込んできました。そうして、日本市場における除草剤では売上トップの座を占めています。日本では日産化学工業が2002年5月にモンサントの日本での農薬除草剤事業を買収し、ラウンドアップの日本での販売権を引き継ぎ、「優れた効力と環境に優しい除草剤」などと宣伝してきました。日本政府はすでに世界的に危険性が明確になっていた2016年に「グリホサートの安全性を確認した」との評価書を公表しました。この評価書を前提に2017年12月には、グリホサートの残留農薬基準を大幅に緩和しました。小麦で6倍、ソバで150倍、ゴマで200倍、ベニバナの種子で400倍というけた違いの大幅緩和でした。しかもこのことをマスコミは一切報道しませんでしたた。これによってグリホサートの残留基準は中国の基準の150倍になりました。中国からの輸入野菜が農薬まみれで危険だと問題にしていたが、その中国産野菜の方がまだましという殺人的な状況になっています。

さらに危険なのは、ラウンドアップの主成分であるグリホサート剤はすでに成分特許が切れていて、さまざまな名前で同剤が販売されていること。その中には住友化学園芸の「草退治」などがあります。もはやラウンドアップだけではないのです。ラウンドアップは日本の店頭では「もっとも安全な除草剤」とか「驚異の除草力」とかいった宣伝文句で販売されています。農協の販売ルートにも乗っていて、ホームセンターやドラッグストア、100均などでも大大的に扱っている商品です。またテレビCMや新聞広告もされ、危険性についての説明は一切ありません。もちろんインターネット経由でも購入できます。Amazon、楽天、Yahooショッピング、モノタロウ、カインズ、ヨドバシカメラほか、どこでも手に入りますので、ご使用になりたい方はどうぞ。業務用バージョン「レンジャープロ」もあります。

日本では内閣府食品安全委員会が「ラウンドアップは安全」と承認し、農協が使用を推奨し、ホームセンターなどでも販売合戦に拍車がかかっています。世界中で規制が強化され、販売先を失ったラウンドアップが日本市場になだれ込んでいる状況をあなたはどうお考えになりますか?今後も政府や行政機関、業界団体を信じ続けるのですか?

 
 
 
 
今も汚染された農地で採取された農産物を摂取した現地の人から奇形児が生まれ続けています。苦難の人生を送っている人はベトナム全土で30万人に達しています。その除草剤は、ホームセンター、スーパーマーケット、Amazon、楽天、Yahooショッピング、モノタロウ、カインズ、ヨドバシカメラほか、どこでも手に入ります。多くの農家さんは、業務用の「レンジャープロ」を使っています。
 
 
 
 
 

 
 
 
お問い合わせは担当者直通!なんでもご相談ください。
080-1126-0273
運営会社は、TTMAグループ (株)CRAZY STUPID GENIUS
レンタルファーム事業部までお気軽にお電話ください。
 
 

 
 
 
         
 
 
やってみよう!自然農ファーマー
鎌倉山オーガニックファーム
PRODUCED BY CRAZY STUPID GENIUS